1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
17

Category: ◆サージェント

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

静けささえ・・・
■サージェント07








実際はこんなに端的なはずがない。

実際はこんなに円やかなはずがない。

見た目の事実と空想のイメージ、その狭間のいいとこ取りの潔すぎるはかない世界。



















■ ジョン・シンガー・サージェント   「 山の滝 」

   1909-1910年   


Pochit Please
Thanks!

















 

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

17

Category:   ゴッホ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「斜めと水平のラインの遠近行って来て」をじっくり味わう絵
■ゴッホ60






強烈エッセンスは、樹々の足元横に並べ描かれているアイリスたちだ。

あれがなければこの絵は成立しない、といっても言い過ぎではなかろう。

色とその位置により、前景と後景すべてを軽やかに受け止め、さりげなく引き立てている。













■ フィンセント・ファン・ゴッホ  「 アイリスの咲くアルル風景 」

  1888年 ファン・ゴッホ美術館


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

13

Category:   ピサロ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

昼よりイイ!!
■ピサロ03






同年制作の昼のやつはテーマが多過ぎたかも。

夜の方がもっと大胆になれていいかも。

ピサロは光を分け束ねて表現した。間違いなく後の美術史には、彼のパレットは通るべき道標だった。













■ カミーユ・ピサロ   「 モンマルトル大通り、夜 」
  
   1897年   ナショナル・ギャラリー


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

10

Category: ◆サージェント

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

サージェントの最高作?!・・・クリムト絶賛?!
■サージェント01






多くの流麗な肖像画を手掛けたサージェント。

だが、できればこの作品のように、鮮烈で情景的なヤツをもっともっと観たかったゼ。

実際より明るく煌びやかな花や子ども、そして澄み渡った空間性。これは別格だ。












■ ジョン・シンガー・サージェント   「 カーネーション、リリー、リリー、ローズ 」

   1886年   テイト・ギャラリー


Pochit Please
Thanks!

















 

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

05

Category: ★美術セミナー Ⅳ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

先日美術セミナーを開催させていただきました。
■美術セミナーⅣ






タイトル、

「一気に語る、旧石器時代(洞窟壁画)から~の、印象派から~の、抽象画(カンディンスキー)まで!」

終わってみての感想、・・・・・・・・これはたいへん!













■ IMA   「 第4回美術セミナー 」
  
   2018年   


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

04

Category:   ムンク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「何かが終わる時」、と、「何かが始まる時」の瞬間
■ムンク30








穏やかな遠近で交わった「橋」と「手摺り」、そして小気味よく揺れ動く「舟」。

それらを一気に串刺しに仕留める「黒い木」。

それとその影の角度は、反対側の景色をより混沌としたものに見せている。















ムンク34L エドヴァルド・ムンク  「 サン・クルーのセーヌ川 」

  1890年  


Pochit Please
Thanks!





















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

06

Category:   ゴッホ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

1枚目の「ドービニーの庭」ネコ付き。・・ひろしま美術館の方は消されてしまったようだ。
■ゴッホ59






実寸タテ 53.2cm × ヨコ 103.5cm。

この絵のどの部分でもかまわない、切手1枚分切り取ったとしても、その「壮絶さ」は中空ににじみ出てくるだろう。

もしかして、それが「ゴッホ」なのかもしれない。















■ フィンセント・ファン・ゴッホ  「 ドービニーの庭 」

  1890年 バーゼル美術館


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術