FC2ブログ
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2018

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
12

Category:   ムンク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

恋人との発砲事件直後、スッキリ別れてからの作品ようだ。
■ムンク44








激しく結婚を迫られていたのだが、自由を奪われるからと、彼女から逃れていた。

結果指1本吹き飛ばされたにもかかわらず、穏やか過ぎるくらい穏やかだ。

気になる不自然な右下の岩は、強い遺恨を内包するかのようだ。














■ エドヴァルド・ムンク  「 夏の夜の浜辺 」

  1902年  



Pochit Please
Thanks!



















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

19

Category:   藤島 武二

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

芸術において、人は何も創造しない!自分自身の気質に従って自然を通訳する。それだけだ!By ロダン
■藤島武二07






一方、藤島の言葉。「・・省略して、最後の描かざるべからざるもののみを描いていきたい。」

ほぼ同じことを言っている。

「自分が感じ取る世界にその世界を集約する」という表現方法である。














藤島武二07L  藤島 武二    「 東海旭光 」

   1932年     ブリヂストン美術館 



Pochit Please
Thanks!























テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

18

Category:   藤島 武二

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

手に持つ黒羽の束は、やけにワイルドだ!
■藤島武二06






そして、淀んだ背景に浮かび上がる白い衣装は、より厳かで優しい。

婦人の表情は、時を止めるかのように、いや、永遠を語りかけるかのようだ。

何故か、それは、大切なものを一生懸命に見つめる時の表情だからだ。
















■ 藤島 武二     「 黒扇 」

  1908年 - 1909年  ブリヂストン美術館 



Pochit Please
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

27

Category:   スーラ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「お手製額縁」も画家の仕事。美術館ではイカツいフレームでガッチリ称えられていた。
■スーラ05








彼の最も有名な作品、「グランドジャッド島の日曜日の午後」、と同時期に制作された大傑作だ。

以降 新印象派 と呼ばれるようになった。色彩を細かく分けて描く。点描画法 とも言われる。1つ1つ大変な作業量だ。

ただ、ぎゅっと間近で観ると、その、「色の点の配置の妙」が、抽象の作品にも見えてくる。画家もきっと楽しんだだろう。


















■ ジョルジュ・スーラ  「 グランカンの干潮 」
 
  1885年 ポーラ美術館


Pochit Please
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

28

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

変人と言われたが、・・・
■セザンヌ25








父親の遺産で自分の絵を描き続けられた。

いわゆる「売り絵」を描かなくてもよかったのだ。独自の世界を一人突き進んでいった。

兎に角繊細な性格で、モデルが動くと怒り狂ったらしい。山とリンゴは動かないのでその分いっぱい描けたという。
















■ ポール・セザンヌ   「 サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め 」

   1905-1906年  


Pochit Please!
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

25

Category:   ゴーギャン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

こちらは本当に現場に行って住み着いた画家。
■ゴーガン29







現地でしかわからない「安らかな時の流れ」や「奥深い情景」。

空、山、木々、大地、そして孔雀たち。その一部に人がいる。画家はその外から眺めている。

文明社会を、そして自らをも「愚」とするかのように、その営みの健やかさを野獣の彩りで描き出している。















■ ポール・ゴーガン   「 マタモエ、孔雀のいる風景 」

   1892年   プーシキン美術館


Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

20

Category:   ルソー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

植物園の想像王!
■ルソー11








実際には南国もジャングルにも行ったことはない。

一切誰からも絵画を学んでもいない。

だから描ける無垢の世界。画家の堅い透き通ったもの、それを磨き上げたら片っ端から思わぬ至宝の絶品となっていった。

















■ アンリ・ルソー   「 馬を襲うジャガー 」
  
   1910年   プーシキン美術館


Pochit Please!
Thanks!



















馬を襲うジャガー》1910年

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術