1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
25

Category:   モンドリアン

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

そして、こんなことになった。こんな「事態」とでも言おうか、とにかく、考え及ぶ最も遠くまで行ったことは確かだ。
■モンドリアン11






「タブロー」とは絵画のこと。壁画やデッサンとは違う。つまり、移動可能な完成作品のこと。

モンドリアンは、タイトルを「絵画」とし、この作品を一種の「文様図」や「柄デザイン」とは一線を画した。

1921年に一旦制作完了、再度筆を執り1925年に仕上げた。なんだかピカソのあのやつと似ている。














■ ピエト・モンドリアン   「 タブロー NO.1」 
  
   1921-25年


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

こんな事態とは。。。
この柄のワンピースを着て、東京に遊びに行きました。
私のことを好きだった男の子と。
靴は黒のエナメルで、真四角のエナメルのバックを持って。。

Re: タイトルなし
さおる。さま
こんばんは!
スゴいことを教えていただき感激です!
”超覚悟を決めたソフィスティケーテッド・レィディ”って感じ!
イカしてますネェ!
さすがっ、さおる。さま!
IMA



> こんな事態とは。。。
> この柄のワンピースを着て、東京に遊びに行きました。
> 私のことを好きだった男の子と。
> 靴は黒のエナメルで、真四角のエナメルのバックを持って。。

Leave a Comment