1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
22

Category:   マティス

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

真面目男と不思議女?!
■マティス25






昼間だけどやけに大人な空間だ。・・・タイトルは「会話」だけど、どんな会話かな?

いや、「実際の会話」は、ない。なぜならこのシーンはこの夫婦の日常の最大公約数的な姿だから。

3つのブルーの植え込みの大きさで遠近を取り、この緊迫した関係にちょこっとゆとりを入れ込んでいる。














■ アンリ・マティス   「 会話 」 
  
   1910年   エルミタージュ美術館


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

 素敵な曲線ですね。女の人ってホントに魅力的です。
 でも、確かにこの窓がなけりゃ、夫婦げんかの始まり?真っ只中?それともすっかり冷え切った・・・・?
 女は自然、男は人工物だから、直線の中に置くと女は所在無く浮き上がるしかないからなのかもしれません。
Re: タイトルなし
再起SR400さん
こんばんは!
コメントどうもです!
「・・・女の人ってホントに魅力的です。」
同感です、か~なり。ハイ。
多かれ少なかれ全ての男は心のどこかで、「何かに支配されていたい」って
思っているんじゃないかと思います。縦縞の呪縛。
で、その中でできる限り「自由でありたい」と願う生き物・・。
口論の末、女に「理屈じゃないのよ!」って言われた時ほど情けないことは
ない。男は絶句するしかないからだ。「何がそれより優先するんだろう?」
自然に生きる術を女に求めながら、少したるんだ襟をさすりながら今日も男
は歩き出すしかない、って感じ。
IMA



>  素敵な曲線ですね。女の人ってホントに魅力的です。
>  でも、確かにこの窓がなけりゃ、夫婦げんかの始まり?真っ只中?それともすっかり冷え切った・・・・?
>  女は自然、男は人工物だから、直線の中に置くと女は所在無く浮き上がるしかないからなのかもしれません。

Leave a Comment