FC2ブログ
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

22

Category:   デュフィ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

絵の中の絵、って「画中画」っていうけど・・・
■デュッフィ08







あの絵が全部見えないから、手前に戻って元の絵に目を委ねるしかない。でもどちらも気になる。

というのも、どちらも丁度同じくらい見たい。ていうか、遠近で気持ちいい。

デュッフィ。海の絵や馬の絵もいいけど、室内もとにかくいい。マティスがすぐそばにいるようだ。














■ ラウル・デュフィ   「 静物 」

   1931年

Pochit Please!
Thanks!





















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

私は海にヨットが浮かぶ絵を飾ってます(ニースの美術館で買った小さいものですが)
今回の数点でおっしゃるとうり 海だけじゃないのがわかりました
きょうのはまさしく マティスがいます andデュッフィのほうが親しげでいいですね。
Re: タイトルなし
Thank you rosso!
ヨットの絵、心地いいですよね。
私も好きです。
あののんびり感と清々しさがいいですね。。。
ニースの美術館、行ってみたいです。
ところで私が飾っているのは、あれです。。。
カシミール・マレーヴィチの「 白い家のある風景 」
青には誰もがしびれるみものですね。
IMA


> 私は海にヨットが浮かぶ絵を飾ってます(ニースの美術館で買った小さいものですが)
> 今回の数点でおっしゃるとうり 海だけじゃないのがわかりました
> きょうのはまさしく マティスがいます andデュッフィのほうが親しげでいいですね。

Leave a Comment