1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
29

Category: ◆マグリット

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

「おいキタロー!」ではない。・・・古っ!
■マグリット09






どういうことでそんなタイトルなのかは本人に聞くしかないのがこの画家だ。

でもいないので聞けない。まあいい。勝手にじっくり味わい空想にふけるか!

「食われる前に目を覚ましたハム。果たしてホームで主役になれるのか?祝杯の行方は?」















■ ルネ・マグリット   「 肖像 」

   1935年   ニューヨーク近代美術館


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

マグリットも妙に惹きつけられる画家ですね。
実物は昔、姫路に見に行ったくらいですが。写真で十分、という気もする。
却って写真の方が惹きつけられるような・・・・。
う~ん。
酒好きでよく太った不躾な中年男の肖像・・・なんでしょうか。
そんな奴を好んで絵にするなんていかにもマグリット!?
あれ?実は自画像?そりゃないな。
Re: タイトルなし
再起SR400様
こんばんは!
「実は自画像?」
かもしれないと思います。
誰にもわからないけど。
あるいは、食べられそうなハムに心を移し替えて
描いたものかも。
IMA






> マグリットも妙に惹きつけられる画家ですね。
> 実物は昔、姫路に見に行ったくらいですが。写真で十分、という気もする。
> 却って写真の方が惹きつけられるような・・・・。
> う~ん。
> 酒好きでよく太った不躾な中年男の肖像・・・なんでしょうか。
> そんな奴を好んで絵にするなんていかにもマグリット!?
> あれ?実は自画像?そりゃないな。

Leave a Comment