1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
  04 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
19

Category:   デルヴォー

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

「夢にデルヴォー」って、うまいっ、府中市美術館! 1
■デルヴォー06






その名も知れたベルギーのシュールレアリスム画家のポール・デルヴォー。

夢と記憶の重ね貼り。本人いわく「おとぎ話のように描きたい」って。

出来上がった画面には、誰も知らない過去の異国の「汚れ無き輝き」を灯し続けているような空気が漂う。














■ ポール・デルヴォー   「 夜明け 」

   1944年 


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

こんにちは。先週の日曜日にこちらを観てきました。
夢にデルヴォーってのには笑ってしまいましたw
この絵もそうですが、デルヴォーの絵は本当に夢の中の風景みたいですね。
 こんばんわ!!
 3連休の初日に展覧会いきました。私は「トンネル」という作品に惹かれました。
「夢にデルヴォー」なかなか味があるコピーですよね、、、、
Re: タイトルなし
これからもダジャレっぽく攻めて欲しいところです。
10月にこちら府中市美術館主催のイベント、デルヴォーの故郷ベルギーのフルコース料理を頂いてきます。
「夢にデルヴォー」をもう一回観てきま~す。
IMA


> こんにちは。先週の日曜日にこちらを観てきました。
> 夢にデルヴォーってのには笑ってしまいましたw
> この絵もそうですが、デルヴォーの絵は本当に夢の中の風景みたいですね。


Re: タイトルなし
いつもどうもです。
私は骸骨のことを考えていました。
西洋人にとって生と死を表すネタとしてうまく使われていますが日本では・・。
IMA



>  こんばんわ!!
>  3連休の初日に展覧会いきました。私は「トンネル」という作品に惹かれました。
> 「夢にデルヴォー」なかなか味があるコピーですよね、、、、

Leave a Comment