1
3
4
5
6
7
8
10
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
18

Category:   ピカソ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

青の時代の青争物
■ピカソ25





静かに青が鎮め合っている世界。

至るところブルーの支配のデザート王国。

それにしても2人のおじさんが気になる!














■ パブロ・ピカソ   「 デザートの静物画 」

   1901年   


Pochit Please!
Thanks!

















 

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

赤もいいのですが
青はどうしてこんなにこころ打つのでしょうか・・・
おじさんを見逃すところでした背景に溶け込んでる
観てはいけないのかも。

 
Re: タイトルなし
> 赤もいいのですが
> 青はどうしてこんなにこころ打つのでしょうか・・・
> おじさんを見逃すところでした背景に溶け込んでる
> 観てはいけないのかも。
>
>  


統計でも好きな色ナンバー1は「青」らしいですしねえ。
でも単色でのインパクトはやっぱり「ロッソ」。で、ジーッとにじみ出る強い印象は「ブル」か!
私個人的にはちょっと赤の入った青、そう!みずほ銀行の看板の、あの赤を少し混ぜた青、あれ好きです!
でもその具合の効果をよりしっかり植えつけようとあえて赤のアクセントを入れたのか、ちょい寂しい。
商業デザインの宿命か?私の単なる偏見に満ちた欲望か?
とりあえず後者をアートの断片に近いことにしよう!
IMA

Leave a Comment