1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
01

Category:   フリスク

Tags: ブログ  エゴン・シーレ  

Comment: 2  Trackback: 0

半透明の女っ!!!
■フリスク06






本当にこういう光景を「今スグに近所で!」、って思ってしまう夢心地な絵。

色彩で奏でられた光のメロディ・・。しかし今それはこの場に満ち溢れてしまった。

そのこぼれ落ちたものにそっと心の手を差しのべてしまう。それが「日常からの逸脱」。「美」の一形態。














■ フレデリック・カール・フリスク   「 日傘 」
  
   1914年   


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

こんにちは
いいですねぇ、
半透明の女性の美しいこと、ずっと見ていても飽きないです。

前にあげられていたフリスクの「秋」も好きです。
日光浴をしている女性の気持ちよさそうなこと。
女性が気持ちよさそうに眠っている絵が好きなんです(笑)

どちらも絵の前にも立ってみたいです。
Re: こんにちは
> いいですねぇ、
> 半透明の女性の美しいこと、ずっと見ていても飽きないです。
>
> 前にあげられていたフリスクの「秋」も好きです。
> 日光浴をしている女性の気持ちよさそうなこと。
> 女性が気持ちよさそうに眠っている絵が好きなんです(笑)
>
> どちらも絵の前にも立ってみたいです。



水無月さん、こんばんは!
フリスク、清々しいですよね!
この半透明裸婦シリーズは、ドガとかルノワールの裸婦からまだわずかに残る人間臭さをも剥がしとったもの、みたいな・・・。
大人の妖精。
眠っていると余計に安心してしまいます。
IMA

Leave a Comment