1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
08

Category:   ヴュイヤール

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

きなこっぽい質感


■ヴュイヤール03






どっしりとした心地いい緑があふれている。

激しい色はあまり使わない画家。

心のどこかにに触れるか触れないかくらいの控えめだが洗練された画風に魅かれる。
















■ エドゥアール・ヴュイヤール  「 炉棚の上の青いインクスタンド 」

  1900年  ノーウィッチ美術館



Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

No title
完全に日本の画家と思いました。
Re: No title
日本美術からかなり影響を受けていますからね。
むしろ我々にとって身近な色たちなのかもです。

Leave a Comment