1
3
4
5
6
7
8
10
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
11

Category:   エゴン・シーレ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

22才の絵


■シーレ34






17才のときの作品を思い返さずにいられない。ここは5年前と同じ港、トリエステだ。

この作品の前年にはクリムトやゴッホたちと同じ展覧会にも出品し、評価が着実に高まりつつある頃だ。

安定した水面にどっしりとした船体、今自信に満ち溢れている様子が窺い取れる。














シーレ34L エゴン・シーレ   「 釣り船(トリエステ) 」

   1912年   


Pochit Please
Thanks!

















 

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

自分の17才の時の絵って、まったく思い出せないです。自分の記憶にも残らない絵を描いてた。

やっぱりシーレって、天才だったのですね~。天才薄命。羨ましさ半分、天才じゃなくてよかったって思いが半分。
Re: タイトルなし
> 自分の17才の時の絵って、まったく思い出せないです。自分の記憶にも残らない絵を描いてた。
>
> やっぱりシーレって、天才だったのですね~。天才薄命。羨ましさ半分、天才じゃなくてよかったって思いが半分。



意外と長寿の天才もけっこういるんですよね。
まだまだ極めてくださいね。
IMA

Leave a Comment