FC2ブログ
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

02

Category:

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

多分嘆いている


■ホッパー08






不躾にあまりにも鮮やかだ。産業と自然の対立ともとれる赤と緑の無理やり与えられた不調和の共存。

ホッパーの淡く隠された願いを感じずにはいられない。

でも白地のおかげで絵画的には見事に完成している。・・・この男の憎いところだ。














■ エドワード・ホッパー  「 GAS 」
 
   1940年  
 

Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

ホッパーの絵に出てくる人って、たいてい一人ですよね。私のホッパーのピンバッジの絵もひとり。ひとりってそもそもせつないですよね~。せつない、さびしい、嘆きのホッパー。IMAさまみたいに深く読み取ってくれる人がいるなんて、ホッパーは思ってなかったかもしれない。

(いつもこめんとかいてるから、返信いりませんよ(^.^))
Re: タイトルなし
> ホッパーの絵に出てくる人って、たいてい一人ですよね。私のホッパーのピンバッジの絵もひとり。ひとりってそもそもせつないですよね~。せつない、さびしい、嘆きのホッパー。IMAさまみたいに深く読み取ってくれる人がいるなんて、ホッパーは思ってなかったかもしれない。






勝手きままにやっているので、浅はかな3行もいっぱいあると思いますが、まあまあ、張り切っていきます。
IMA

Leave a Comment