1
3
4
5
6
7
8
10
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
06

Category:   ルドン

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

海から顔が!もしかして神様??

■ルドン02






中性的で、オリエンタル。で、時の流れのない世界の方?

モノクロ基調の版画主体のシゴトから、この時期色彩の扉をシュールに開け拡げたルドン。

まるで信仰を持つ小さな星のように、静かに、そして力強く神秘の光を放ち続けた。















■ オディロン・ルドン  「 目を閉じて 」

   1890年  


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

紫の仏像みたい。

私にしてみれば、これを部屋に飾って毎日拝みたいとことです。(^.^)
 こんばんわ!!
 この絵は今、府中市立美術館で展示中の作品でしょうか?(行こうと思いつつまだ行ってないです。。。)
 仏陀という作品もあるせいか、ルドンは半跏思惟像をモデルにこの絵を描いたのかと想像しました。
Re: タイトルなし
いつもどうも!
青鬼の逆バージョン。
絵画というより界画。
ギリギリの場所の表現。
IMA
Re: タイトルなし
そうです!!
府中市美術館のです!
これしか目立っていなかった、っていうとガレとドームらに
悪いけど、でも様式を超えたモノを感じたので、そうです。
IMA

Leave a Comment