FC2ブログ
31
  10 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

17

Category:   ムンク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

盗まれたが、出てきた!よかった!


■ムンク20






実に多くのことが嗅ぎ取れるが、あるところで引き返してこなければならない。暗示的に過ぎる。

生きているようだし、死んでいるかのよう。現実のようで、幻っぽくも。また、永遠でもあり、刹那的でもある。

「退廃の世においても、女、それは本来聖的であるのだ。」と言いたいのか。いや、そうであってほしいようだ。














■ エドヴァルド・ムンク 「 マドンナ 」

   1894-95年 ムンク美術館


Pochit Please
Thanks!

















 

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

Leave a Comment