1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
13

Category:   マティス

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

見れば見るほどプランの深さがちがう!


■マティス13






目を細くして見るといい。自然極まりないから。特に階段の赤。

右手前の壁とそれがなかったら、単なる疲れた日曜画家の作品になってしまう。

いやいやそんなことはない。じーっと見ていると色んな光の表情が浮き上がってくる。














■ アンリ・マティス  「 ノートルダム(遅い午後のノートルダムの一瞥) 」   

   1902年     


Pochit Please!
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

ずーっと目を細めてみてました。(~_~)

こういう風景画って大好き!
人物画って、人物の顔とかに目が行ってしまうけど、こういう風景画って楽しい。ほんとに
表情がある!

それにしてもムンクの問題ありそうな生活。。。ウィキペディアで調べてみよう。
Re: タイトルなし
> ずーっと目を細めてみてました。(~_~)
>
> こういう風景画って大好き!
> 人物画って、人物の顔とかに目が行ってしまうけど、こういう風景画って楽しい。ほんとに
> 表情がある!
>
> それにしてもムンクの問題ありそうな生活。。。ウィキペディアで調べてみよう。



ムンクは問題ありです。
でも絵を描く視点がすごく独特で好きです。
「殺人者」って・・・。
IMA

Leave a Comment