1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
25

Category:   エゴン・シーレ

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

シーレはもういない。優作のようにはいかないし。


■シーレ31






シーレが23歳のときの作品。早熟すぎる完成度にただただ呆然としてしまう。

「省くところは省き、ヤルところはきっちりヤル」それが徹底されている。

濃茶と深緑の関係がどこまでも響きあい、窓の1つ1つの個性が色調の単調さを補い、かつ奥行きを与えている。















シーレ31L エゴン・シーレ   「 ドナウの石山 」

   1913年   


Pochit Please
Thanks!

















 

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

ほんとにシーレが大好きなんですね。なんかせつなくなるわ~。コメント読んでると。。。。
Re: タイトルなし
> ほんとにシーレが大好きなんですね。なんかせつなくなるわ~。コメント読んでると。。。。



そうなんです。好きなんです、兎に角。
シーレは一生少年でした。
少年が強く興味を持ったキツ~い作品はここでは載せられないのですが、全てを自分の感覚のみを通してストレートにぶつけてきます。
あああオーストリア行きた~いぃぃぃい!!!
IMA
シーレの生まれ変わりだったりして。

IMAさんは絵をかかないのですか?かいたらシーレがおもてに出てきて筆を動かしてくれたりしたらいいのに!
Re: タイトルなし
> シーレの生まれ変わりだったりして。
そんなあほな。

> IMAさんは絵をかかないのですか?かいたらシーレがおもてに出てきて筆を動かしてくれたりしたらいいのに!
私は絵は全くといっていいほど描けません。
だから描く人ってうらやましいんです。abeさんとかもね。

IMA

Leave a Comment