1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
10

Category:   ルオー

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

イエス、He is!


■ルオー05







64才の作、このころから厚塗りを始めた。一つの集大成のシリーズでもある。

左右対称と青紫、黒、錆茶、・・・神聖かつ力感あふれる世界だ。

「荒廃したり、雑然とした中でも光明は現れる、全ての者に幸あらんことを」。















■ ジョルジュ・ルオー 「 受難 」

  1935年  出光美術館
 

Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

こんばんわ!!
 どこまで行ってもキリスト様はいるぞと感じます。
 また神は自身の中にいる説いている気もします
いろいろ解釈できて深いのでこの絵、結構好きです。
Re: タイトルなし
こんばんわ。
キリストって結構意外、残酷なところもあって、
スゴク悪いことをした人を手下の修行者が懲らしめていて、
一言「It is enough」だって。
「暴力はダメ!」ではなく。
なかなか現場主義的でいいなあって。
IMA

Leave a Comment