1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
05

Category:   リキテンシュタイン

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

カワイイみずいろの橋!


■リキテンシュタイン07






リキテンシュタイン、気になる対象をまず簡便周到に取り出し、超ドライに加工し描いた。

「アートは現実の投影の断片たち」だとしたら、彼が知らせるには、もっと先があるようだ。

いつも即興図案という態の軽はずみな扉を開け閉めしてくれている。それは出入り自由だ。
















■ ロイ・リキテンシュタイン  「 日本風の橋のある睡蓮 」
 
  1992年 



Pochit Please
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

マティスのもよかったけど これはモネですかね・・・。
Re: タイトルなし
rosso さん

そうです!
モネの太鼓橋ですね!
デジタル化した。
こんばんわ。 一瞬キースへリングの絵かと思いました。
 葉っぱがカクカク動いて、声を出しているようにも見えたので。。。ではまた!!
Re: タイトルなし
なるほど!
カクカク・・。

いきさつは・・・

モネが大の日本好きだった。

庭に日本風の橋を作った。

それを毎日のように描いた。

リキテンシュタインが見つけ、
アレンジパロディをこしらえた。

って流れがあっておもしろいモチーフですね。


では!

Leave a Comment