1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
03

Category:   ピカソ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

アブサン その3 ~ピカソまでもこの酒に憑かれた一人~


■ピカソ13






当時のこの酒の本当の魅力は、エメラルド色が誘う「強壮や幻覚の世界」だとも言われている。

ロートレックやゴッホ、ゴーギャン、ドガ、ユトリロ、マネ、ムンクなど錚々たる面々が愛した。

パリでは別名「緑の女神」。そして、芸術家たちからは「インスピレーションの妖精」と呼ばれていた。
















■ パブロ・ピカソ   「 アブサンを飲む人 」

   1901年 

 
Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

アブサン。薬草からできたリキュールでしたよね。
20代のころ、一緒にお酒を飲み歩いた、大人がよく飲んでいて、わたしもいけない香りに惹かれて、飲んだものです。
「インスピレーションの妖精」でしたか。
また、のもっとv-349
Re: タイトルなし
よくご存知で!! さおる。様!
では今週末にでもアブサンの乾杯!といきましょうか!!
別々の場所で。

Leave a Comment