1
3
4
5
6
7
8
10
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
25

Category:   ヴラマンク

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

荒々しい・・
■ヴラマンク02






こんなに極まった情景って滅多にないはずだ。極まっっていると思えるのはやはりリアルだからだろう。

ベトベチッと塗り置いた絵の具が不思議とホント程よく自然を装い、劇的にその効果を発揮するんだ。

絵の具の質感を知り尽くし、使いこなし、そして頑なに己を信じ描き続けた。ただゴッホは例外だったようだ。












■ モーリス・ド・ヴラマンク   「 雷雨の日の収穫 」

   1950年  


 Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

No title
こんばんわ、だまけんです。
春一番が吹いた今日にふさわしい絵ですね。
逆風に耐えながらも突き進め!って感じがかっこ良い絵です。
ではまた!
Re: No title
こんばんわ、だまけんさん
春一番吹きましたねっ。
Spring-heralding storm~春を告げる嵐~
突き進め!ですね。いいですね。

Leave a Comment