FC2ブログ
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
カテゴリ
スポンサー
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07

Category:   クリムト

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

これが、かの有名な・・・


■クリムト09






装飾の極限か! 美の最終目的地か! 絵画の表現範囲での臨界点か! 

ただ、ここはクリムトとして通過点であり、まだまだ余裕もある。

ただし、落札額156億円が語るように、近代絵画の重鎮的傑作の一つであることは揺るぎない事実だ。















■ グスタフ・クリムト  「 アデーレ・ブロッホ・バウアー の肖像Ⅰ 」

  1907年



Pochit Please
Thanks!

















 

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

クリムトの描く女性はみんな魅惑的で美しい憧れます。
Re: タイトルなし
そうですね。
女性の美しさを掘り起こし、包み込む力があるんですね。

Leave a Comment