FC2ブログ
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

23

Category:   マティス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

人の形とその配置、そして色の面積の加減がバランスとして極まっている

■マティス06






このころのパリは大変なことになっている。エコールドパリのモディリアーニ、フジタが脚光を浴び、

ドランがフォーヴィズムが極めつつ、ピカソのキュビズムが始まりかけ、一方アールヌーボー最盛期・・。

画家たちは、常に考え、新たな視点を試み、研ぎ澄まさないと激流のセーヌの川底に埋もれてしまうのだ。














■ アンリ・マティス  「 ボール遊び 」

   1908年  エルミタージュ美術館


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

Leave a Comment