FC2ブログ
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

30

Category:   藤田 嗣治

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

藤田人気の絵。


■Foujita03






当時のパリの洗練された気品が漂う世界。

黒と茶に浮き上がる凛とした乳白色の肌。

もの憂い午後、緊張感の中にもリラックスできる画家本人の充実した余裕の日々を連想させる。














■ 藤田 嗣治 「カフェにて」

   1949年


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

No title
以前何かで読んだ様な 
この乳白色は藤田が何か混ぜ合わせて
だした色だとか 実物観てないので機会があれば是非にと
それにしても あの戦争の絵画からは想像できません。
Re: No title
いつもどうもです。
そうそう、生卵の白身らしいですよ、混ぜてたの。
うわさですが。
単純につややかな透明感が出そうですが。
本当でしょうかねエ。

Leave a Comment