fc2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2024

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

30

Category:   岸田 劉生

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

茶と緑で装いを
■岸田劉生08







マティスの色使い”は画家にとって最大級の衝撃だった。

このワンダフルにカラフルな作品は画家の好奇心の骨頂か。

観る者は、やがて粗い筆致を少しずつ色彩の響き加減を探しながら焦点を動かしてゆく。
















■ 岸田 劉生   「外套着たる自画像 」
  
   1912年   京都国立近代美術館
   


Pochit Please
Thanks!



















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

Leave a Comment