fc2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2024

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

28

Category:   エゴン・シーレ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

一見弱っちい木々たちだが、、、
■シーレ111







空と水、底知れぬ輝きとパワーで満ち満ちている。

地面に散らばる白や赤の”貝殻チックなしるし”は生み出してきた作品たちか。

多様な色をまとった「美術史という名の山肌」はにこやかにこの「2本」を眺め見ているようだ。
















■ エゴン・シーレ   「 川の風景 」

  1913年


Pochit Please
Thanks!



















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

Leave a Comment