FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  12 ,2018

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

変人と言われたが、・・・
■セザンヌ25








父親の遺産で自分の絵を描き続けられた。

いわゆる「売り絵」を描かなくてもよかったのだ。独自の世界を一人突き進んでいった。

兎に角繊細な性格で、モデルが動くと怒り狂ったらしい。山とリンゴは動かないのでその分いっぱい描けたという。
















■ ポール・セザンヌ   「 サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め 」

   1905-1906年  


Pochit Please!
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

お久しぶりです。
この作品、実際に観ておおおっ と感動しました。
昨年エクスに行ってこの絵を描いた場所にも行ってみたのですが、よく雰囲気が出ていると思います。
この山や家々が後のキュビスムの原型になったのかな?なんて思ったり。
Re: タイトルなし
お久しぶりです!
そうですか、現地へ。
この地へ行って見たらいろんなことを思うでしょうね~。
でも、不思議です。
もちろん先にキュビスムが見えていたわけでもないし。
シンプルにしていくことの目的とか動機とかって・・・・。
IMA


> お久しぶりです。
> この作品、実際に観ておおおっ と感動しました。
> 昨年エクスに行ってこの絵を描いた場所にも行ってみたのですが、よく雰囲気が出ていると思います。
> この山や家々が後のキュビスムの原型になったのかな?なんて思ったり。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。