FC2ブログ
26
30
  11 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

22

Category:   ゴッホ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アヤメ、ミナギル!
■ゴッホ61








「赤と緑の世界」は、広がりと永遠を思わせる’静’を、

一方「青と黄の世界」は、光、そして存在を見せる’動’を漠然と印象付けるようだ。

ぎこちない曲線はより一層激しさを助長する。あの作品の放ち方は暴発しすぎて一瞬目を守る反射を誘うくらいだが。

















■ フィンセント・ファン・ゴッホ   「 アイリス 」

  1890年 ゴッホ美術館


Pochit Please!
Thanks!



















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

Leave a Comment