1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
21

Category:   ドンゲン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

はて?これは?ヒントは1900年代初頭のパリのダンスホール。
■ドンゲン05






ガス灯から電灯への移り変わりは、一部の画家たちにとっては、基本の考えを根底からやり直す必要さえあった。

「昼と夜を分かつものを失わせる」「自然の明るさではない」など当時の多くのアーティストたちは、電灯を拒絶した。

でも、それを即積極的に取り入れたのが、ドガやロートレック、ピカソやマティス・・パリの光と活気を描きこんだ。














■ キース・ファン・ドンゲン   「 シャンデリア,ムーラン・ド・ラ・ギャレット 」

  1905-06年   モナコ国立新美術館 

Pochit Please
Thanks!
















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

Leave a Comment