FC2ブログ
  01 ,2021

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

12

Category:   アングル

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

古典的なマジメっぽい作品だが、当時超型破りな試みが!
■アングル01







非現実的だというのだ。右手が長すぎるし、背中も伸びすぎている。

アングルの女性を理想的な姿へ、という描き方への非難や批判はその後何年も続いた。

裏返して言うと、色彩や構図、描写力、全て絶品秀逸だったからこそ大注目されたのだ。
















■ ドミニク・アングル  「 グランド・オダリスク 」

  1814年  ルーヴル美術館

Pochit Please
Thanks!



















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術