FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
8
9
10
12
14
19
21
24
25
26
27
29
30
  09 ,2014

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
カテゴリ
スポンサー
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

22

Category:   ゴッホ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

フランスに興味津々のフィンセント。本は知的好奇心の象徴。
■ゴッホ49






ベルナール、ロートレックたちとパリで展覧会を開いた1887年。模索と試練と希望の日々だった。

ゴッホは、パリの活気の中で熱く、厚く描いた。

印象派や浮世絵からの強い影響、そして、仲間たちからの鋭い刺激を全身全霊で吸い込みながら。














■ ヴィンセント・ファン・ゴッホ    「 フランスの小説とバラのある静物 」

   1887年          


Pochit Please!
Thanks!



















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術