FC2ブログ
4
16
17
21
23
24
25
28
30
  07 ,2012

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
カテゴリ
スポンサー
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

11

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

シュールレアリスムもやる又造様!
■加山又造09






加山作品に動物はよく登場する。

彼らは単なる「描く対象としてのネタ」ではなく、「表現性の高い存在」である。

紙芝居をしてもらいたくなるシュールな作品だが、「悲しき」、切実さは脚の細さにも滲み出ている。














■ 加山 又造   「 悲しき鹿 」

   1954年   東京国立近代美術館 


Pochit Please
Thanks!



















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術