FC2ブログ
17
  05 ,2012

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

04

Category:   エゴン・シーレ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

①4年前クリムトから捧げられたモデルであり恋人でもある、妖気で献身的な女性、ヴァリー。彼女が翌年こうなることを示唆した残酷な作品。そう、彼女を捨てて新たな女と婚約する前の絵なのだ。
■シーレ48






女の体を駆け巡るうっすらとした緑に対し、四方から浴びせる赤い放射が彼女を誘目的にクローズアップする。

その打ちひしがれる様子を直視せず、「そういうことなんだよ」と冷静に釈明するかのような男の表情がある。

そして、女の尻と左肩の尖り方、それと男の右腕の脱力感、その対比がこのシーンの情感を極度に高めている。














■ エゴン・シーレ   「 恋人たち、男と女 」

   1914年


Pochit Please
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術