FC2ブログ
25
30
31
  12 ,2011

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
カテゴリ
スポンサー
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

17

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

デルヴォーの赤と青は飲み干したくなる。なんか温度のないカクテルのような、ヤバい妙薬っぽいというか・・・

■デルヴォーー01






あの男と同じベルギーのシュールな努力派画家、ポール・デルヴォー。

「遠近」、「光陰」、「柔硬」、「温冷」を縦横無尽に織り交ぜ、現実の世界からさりげなく観る者を誘い込む。

やがてミステリアスの網にかかり、気付けば細部を隈なく凝視したくなる酔いに駆られる。














■ ポール・デルヴォー   「 別荘ロジーヌ 」

   1968年 


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術