FC2ブログ
6
7
9
10
15
29
  10 ,2010

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
カテゴリ
スポンサー
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

24

Category:   クレー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

色彩の核が織り成すイルミネーション!!
■クレー05






ほんとーーーに、間近で観てみたい絵の1つだ。

音楽一家の一員でバイオリン弾きでもあった彼は色のハーモニーとその溶け合うときのパワーをよく知っていた。

「そこに具体的なものは必要ではなく、描き奏でるモノをのみ感じてほしい」、と言わんばかりだ。














クレー05L  パウル・クレー 「 パルナッソス山へ 」 
  
  ■1932年  ベルン美術館

Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術