1
3
4
5
6
7
8
10
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
22

Category:   アルバース

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

マティスの「私は人々を癒す肘掛け椅子のような絵を描きたい」という言葉、うんうん・・
■マティス31






ゆるやかな気分。ゆっくりとした時間。ゆりかごにでもいるような。

あんな夢見心地なテーブルを描けるのはマティスしかいない。

ダリなら、この人物を描かないで、もう少し垂れ下がったテーブルを描くだろう。













マティス31L アンリ・マティス  「 眠る人と静物 」   

   1940年        


Pochit Please!
Thanks!



























テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

11

Category:   アルバース

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

クローズアップ


■アルバース02






じーっと観ているとあまりにも生々しく、触れ合う色たちをまるで覗き見るような気持ちになってくる。

それからしばらくして一種の神聖さみたいなものが、じわーっとにじみ出てくるようにも感じる。

それぞれの面積比とレイアウトにその効果を上げる絶妙の設計が施されている。














■ ジョセフ・アルバース  「 正方形 礼賛 」   

   1964年     


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

27

Category:   アルバース

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

いろ色正方形シリーズの1つ


■アルバース01






「隣り合って醜く見える色の組合せはない」らしいが、「隣り合ってキレイに見える組合せはいっぱいある」。

「単なる色の組合せ」という最小要素の絵画である。

「森を見るより、1枚の葉っぱを手に取って見る」、ような心持ちで気楽にじっくり確かめてみたい作品群だ。














■ ジョセフ・アルバース  「 正方形 礼賛 」   

   1962年     


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術