1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category:   田嶋 宏行

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

『「無題」は困る』という方へ!

■田嶋03






原形なんかきっとない。画家の勝手な目標とそこにつながる深遠そうな過程のみがここにある。


だからとっつきにくそうだけど、一度目に馴染むとぐっと身近に感じるではないか。


そう、とっても落ち着く「赤」だ。命名、「壁になった命のひだ」。・・・「無題」だっちゅうの・・・。














■ 田嶋宏行  「 無題 」
   




Pochit Please!
Thanks!











スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。    ジャンル : 学問・文化・芸術

13

Category:   田嶋 宏行

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

キレイな記憶


■田嶋02






鮮やかな断片、しおれたカタチ。


近い過去も、遠い思い出も確かに存在した。


留まっているようで過ぎ去っていく。消えたり、漂ったり。そんな柔いもので私たちの心は形作られている。














■ 田嶋宏行  「 遠い記憶 」
   





Pochit Please!
Thanks!











テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。    ジャンル : 学問・文化・芸術

22

Category:   田嶋 宏行

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

かわいいお墓の絵!


■田嶋宏行01




「日本の古代」。


森羅万象への敬愛精神や偶像崇拝など絶対のモノを求めていたようだ。


自然を味方に付けるために、仲間と安心するために、そして自分と愛する人を守るために。














■ 田嶋宏行  「 装飾された日本古代の墓 」

  1969年 





Pochit Please!
Thanks!











テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。    ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。