1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
27

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

出た!得意のリンゴ遊び!
■セザンヌ24






やれ温かみがない、とか、人間味がない、とか言う人がいるが・・・・。言うならば、「冷徹」・・・・。

色と配置を極限の方向に押し込んでいくと、いきおいこぼれ落ちそうになる。

そう、実世界を誰よりも早く超えて行ってしまったから。薄青い炎のように静かに、そして揺るぎなく。














■ ポール・セザンヌ   「 カーテン、水差し、フルーツボウル 」

   1893-94年   


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

02

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

水彩画、同じ内容であればそれは油彩画よりも評価額はなかり安い、でも・・・。
■セザンヌ23






まるで水彩は箸休めかと思うほど、セザンヌの油彩はそれまで全く存在しなかった消化しにくいものだった。

しかし、彼の捌き方は多くの、「心と技研ぎ澄まされた画家たち」を確実に魅了していった。

そして100年たった今もなお、「セザンヌ以降」をバイブルにしている画商が世界中にいるということも事実だ。














■ ポール・セザンヌ   「 葉 」

   1900年   ニューヨーク近代美術館


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

26

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「近代絵画の父」はここまで橋渡しをした。
■セザンヌ22






1905年、パリでフォービスム(野獣派)が生まれた。この作品が完成した翌年だ。

マティスドランたちによる原色に近い色彩と大胆な筆遣いによる新しい絵画だ。

彼らはきっとこの絵を観たに違いない。














■ ポール・セザンヌ   「 サント・ヴィクトリー山 」

   1902-1904年  


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

21

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

彼の水彩画のみのファンもいるくらいだ。おそるべしセザンヌ!Ⅳ
■セザンヌ21






集約された色彩の断片、そして区画の思い切り、さらにシンプルかつドライな全体の組み立て。

ピーンときた人がいるかも!?そう、これは真っしぐらに抽象画へと向かうことを示唆している!

遡って鑑みることができるからこそ成り立つ勝手なシナリオだけどネ。














■ ポール・セザンヌ   「 風景 」

   1888-1900年  


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

20

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

彼の水彩画のみのファンもいるくらいだ。おそるべしセザンヌ!Ⅲ
■セザンヌ20






淡くて、淡くて・・・。

メロディがそ~っと溢れ出すかのような・・・。

いーっぱいの小さな楽器が、絵筆を持った指揮者に従い、互いを引き立て合うかのような健気な奏で方だ。














■ ポール・セザンヌ   「 プロヴァンスの風景 」

   1895-1900年  


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

10

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

 ボードレールと画家たち①
■セザンヌ19






「悪の華」の”腐れ肉”を愛読していた。いや、暗記し毎日口ずさんでいたという。

「一向に形を成さない下書きの絵。忘れ去られた画布の上、芸術家ももはや記憶によってしか描けない。」

セザンヌは確信できない不安定な描写背景を越えた、もっと規律と永続性ある普遍的な様式を求めていた。














■ ポール・セザンヌ  「 ノワール城 」

  1901年  


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

05

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

見せてやるぜ、オレのパレット!
■セザンヌ18






右手のパレットには「種も仕掛けもない」。

そこに滲む彩色をキャンバスへと運び込む見えない左手の律動。

結果、自画像というより自画像像。自らは単に描くためだけの静物だったようだ。














■ ポール・セザンヌ  「 自画像 」

  1884年  


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

02

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

彼の水彩画のみのファンもいるくらいだ。おそるべしセザンヌ!Ⅱ
■セザンヌ17






この絵が何故か不思議なのだが、何か「秩序」があるように見えるのだ。

それは「画家の方向性」でもある。また「平面」としての徹底ぶりがここにある。

そして、単純に向かった、というより「意図的な幾何学性を帯びるが、奔放な線と面が踊っている」と。


















■ ポール・セザンヌ   「 ローヴ のガーデンテラス 」

   1906年  


Pochit Please!
Thanks!
















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

12

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

彫刻のように個々に存在感を高め、表情を滅却し、ドラクロアの作を前に自らのスタイルを試しにここに閉じ込めた。
■セザンヌ16






ドラクロアの模写とはいうものの、その中途半端さ、というか折衷加減、許す!

現実でない神話だからこそリアルさが欲しいのに現実からかけ離れた様相、しかも完全に動きを殺した表現。

この配合はその後の彼の度肝を抜く執念の芽生えの時期でもあったのだ。














■ ポール・セザンヌ   「 ダンテの小舟 」  
  
   1870年   
 

Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

08

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

当時の評価は「幼稚なトリック」、今では「革新的絵画表現」!
■セザンヌ15






それよりも、セザンヌはこのフルーツ皿の一番手前にだけ白が欲しかった。

だから、この角度から見えるはずのない更の裏側を無理やりめくり上げて強引に白を登場させた。

この僅かで簡単だが造形上革新的に有効な「技」は、「美術界の大きなコロンブスの卵」となった。














■ ポール・セザンヌ   「 リンゴ、モモ、ナシ、ブドウ 」  
  
   1879年   エルミタージュ美術館
 

Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

28

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

えっ暑そう!
■セザンヌ14








セザンヌ若かりし日は、現代絵画の父としての扶養家族はあまたいた。

生きている。そうわかる。

例えばこの木の生命力は誰か中に入っているのではないかというくらいに勢い深く、シャウトしているようだ。














■ ポール・セザンヌ   「 偉大なる松 」  
  
   1885年   サンパウロ近代美術館
 

Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

13

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

近代絵画の父曰く、「私は、50cm四方の画布を塗るのに疲れ果て、死ぬほどの思いをする。」と。だからこそ生まれ出るものがあるんだろう。


■セザンヌ13






固まったように見える身動き一つしない木、山、水。静かな時間が永遠に続く世界、完成。

削ぐのではなく、集約すること。そしてドラマチックに色彩を配序すること。

そして1点1点完璧な世界として結実させる。いくら疲れても、自身大いなる報いがあったはずだ。














■ ポール・セザンヌ   「 アヌシー湖 」

   1896年  コートールド美術館


Pochit Please
Thanks!

















Continue

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

10

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

「芸術とは自然を題材にした色彩調和を表現するもの」 By Paul Cezanne.


■セザンヌ12






行き着くところ、色彩の調和のためなら現実の姿さえも自在に操る。

そう描くことによって受ける批判なんて、鼓膜を揺らさない雑音でしかない。

正にこの皿は、それまでの絵画の常識をそうっとひっくり返そうとしているようだ。














■ ポール・セザンヌ  「 テーブルクロスと果物 」

  1895年頃  


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

22

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

彼の水彩画のみのファンもいるくらいだ。おそるべしセザンヌ!


■セザンヌ11






水彩特有の「潔さ」と「淡さ」がかえってセザンヌの決意をより豊かなモノにしている。

「色彩とデッサンは区別されるべきではない。色を塗っていくに従いデッサンは堅固なものとなり、デッサンが充

実するにつれ色彩も豊かになる。」・・・もはや彼に影響を与えるものはなくなったようだ。














■ ポール・セザンヌ  「 水差しのある静物 」

  1892年頃  テート・ギャラリー


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

28

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

やっぱセザンヌは礼讃しておこう!!

■セザンヌ10






非現実的なデフォルマシオンも、あのキュビズムも、そして抽象までも・・・。発祥の源はこのおじさん。

まるでそれまでの絵画の流れを一身に集め込んで、連なる滝となり放散し続けたように思える。

そして、その滝壷から命を吹き込まれ溢れ出した泡水が、思い思いの姿で方々に流れ出して行った。














■ ポール・セザンヌ   「 丘の家々 」

   1904年  


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

19

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

ピカソのパレットに雷を落とした絵


■セザンヌ09






彼のこの行為こそが近代絵画の父と呼ばれる所以だ。

「パリ中を自分の絵で溢れかえらせたい」、素直に思っていた。

色彩と配置の均衡において美の頂点の向こう側を目指した。一視点からは無き存在を悠然と存在させている。















■ ポール・セザンヌ  「 オレンジとリンゴ 」  
  
   1895-1900年  オルセー美術館

 

Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

17

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

自然は単なる素材であり、「ネタの場」。


■セザンヌ08






27歳の時のセザンヌ。

余白がよく呼吸していて余裕を与え、ずっと見ていられる。

そしてやっぱり、片鱗はある。どうしても色のばらつかせ加減、その配置を最優先させてくる。















■ ポール・セザンヌ  「 庭 」  
  
   1886年  ブルックリン美術館

 

Pochit Please
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

25

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

省くほどに本質に迫る

■セザンヌ07






妥協なき珈琲焙煎士が、水準以下の不要な生豆を焼く前に丁寧に一つ一つ弾き選りすぐるように・・・

その凝縮された筆先の跡は、なぜか観る者の雑念や邪気まで取り除いてくれるかのようだ。

そしてその象徴化された実直な優美さは、その向こう側の存在を漂わせる爽やかな後味を残してくれる。














■ ポール・セザンヌ  「 シャトー・ノワール 」  
  
   1906年  ニューヨーク近代美術館
 

Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

09

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

大先生の集大成的な作品


■セザンヌ06





「絵画は、画家による再構築物であるべきである」

・・・なるほど。・・・自然と人間の色彩、配置、筆跡、遠近。

それらがうまく溶け合わせ、実に以後200年以上もそのコンセプトを放出し続けている。












 


■ ポール・セザンヌ  「 大水浴図 」  
  
   1906年頃 フィラデルフィア美術館



Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術

28

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

この人がやったことの影響は計り知れない!


■セザンヌ05






おやっ、右足のつま先がこちらに向かっている。カラダや頭は横向いているのに。


日々進む主義のセザンヌの神聖な試みであり、かつ絵画に対する超越的な果敢な挑戦でもある。


「少しずつしか変わらない、変えられない、でもその少しずつが大切なんだ。」・・・敬意無しでは近付けない。
















■ ポール・セザンヌ  「 石膏の天使のある静物 」  
  
   1895年 




Pochit Please!
Thanks!











テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。    ジャンル : 学問・文化・芸術