FC2ブログ
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

25

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

省くほどに本質に迫る

■セザンヌ07






妥協なき珈琲焙煎士が、水準以下の不要な生豆を焼く前に丁寧に一つ一つ弾き選りすぐるように・・・

その凝縮された筆先の跡は、なぜか観る者の雑念や邪気まで取り除いてくれるかのようだ。

そしてその象徴化された実直な優美さは、その向こう側の存在を漂わせる爽やかな後味を残してくれる。














■ ポール・セザンヌ  「 シャトー・ノワール 」  
  
   1906年  ニューヨーク近代美術館
 

Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

09

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

大先生の集大成的な作品


■セザンヌ06





「絵画は、画家による再構築物であるべきである」

・・・なるほど。・・・自然と人間の色彩、配置、筆跡、遠近。

それらがうまく溶け合わせ、実に以後200年以上もそのコンセプトを放出し続けている。












 


■ ポール・セザンヌ  「 大水浴図 」  
  
   1906年頃 フィラデルフィア美術館



Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術

28

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

この人がやったことの影響は計り知れない!


■セザンヌ05






おやっ、右足のつま先がこちらに向かっている。カラダや頭は横向いているのに。


日々進む主義のセザンヌの神聖な試みであり、かつ絵画に対する超越的な果敢な挑戦でもある。


「少しずつしか変わらない、変えられない、でもその少しずつが大切なんだ。」・・・敬意無しでは近付けない。
















■ ポール・セザンヌ  「 石膏の天使のある静物 」  
  
   1895年 




Pochit Please!
Thanks!











テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。    ジャンル : 学問・文化・芸術

31

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

いつもの山、でも・・


■セザンヌ04





この山だけで100枚近く描いているらしい。

こちらは水彩で、ほんわかのびやかな光景。

でも、その「溶け合い方」というか、「一体にした調和感」というか・・、大胆、でも大らかに網羅されてて・・爽快だ。















■ ポール・セザンヌ  「 サント・ヴィクトワール山 」

   
Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

07

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

いい男でもないし、何の最中かわからないゾ!


■セザンヌ03






セザンヌ、近代絵画の父。「事実を策略化する発想と技能」の持ち主。

右の足先が軽くキュビズム。くるぶしと膝頭が一直線だ。

観る者を少しずつ試すような、そして一緒に進化していく、そんな船頭的な画家だ。















■ ポール・セザンヌ  「 水浴の男 」

   1885-1887年  ニューヨーク近代美術館 


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

19

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

トランプのおっさんの絵


■セザンヌ02






推察。 ①手が近い→幼なじみ、 ②ワイン→空っぽ、 ③賭けている→次飲むワイン。

絵葉書で1枚持っていても嬉しい味ある図柄。また、ちょいズラシが小気味いいバランスを生んでいる。

また、喧騒の中、静かに、そしてリズミカルに白とオレンジが響き合っている。














■ ポール・セザンヌ 「 Card Players 」

  1890-95年頃  オルセー美術館


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

11

Category:   セザンヌ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

森のハーモニー 


■セザンヌ01






よくもここまで写し換えたもんだ。

セザンヌは、自然の世界を手がかりに、配置や色、遠近までも大胆に、かつ協調的に再構築する。

最もその事実をリアルなドラマ仕立てにするために。















■ ポール・セザンヌ  「 森の曲がり道 」

  1902-04年 


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術