FC2ブログ
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

03

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ゴーガン曰く、「芸術とは全て抽象である」
■ゴーガン33







可憐なこぼれ散った花びらは、何かを暗示しているのだろうか?

こぼれ落ちる家族への想い?、いや、こぼれ落ちそうな己の存在?

微動だにしなさそうな青い花びら達が、みんなを支えている。















■ ポール・ゴーガン   「 花瓶の花 」

  1896年   ロンドン・ナショナル・ギャラリー
 

Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

06

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

フォーカルポイント:注視点(画家が、ここがこの絵のメインですよ~ここよく観てね~という対象)


■ゴーガン32







準フォーカルポイントが画面全体にある、というくらい色彩鮮やかだ。

勿論メインは画面中央で背を向けて立つ少年。

他のもの、ヒト、景色全て、どこを切手大に切り取ってもワクワクする仕上げだ。
















■ ポール・ゴーガン   「 ボア・ダムールの水車小屋の水浴 」

  1886年   ひろしま美術館
 

Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

03

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

タイトルのインパクトが強い作品
■ゴーギャン05






手の先にある「果実」は、生きる者すべての欲望の象徴。

人類が選んだ資本主義、それによって薄めらてきた人間性と美意識。

当然何かを得れば何かを捨てることになるが、それを見つめ直すことが大切だ、と言われているようだ。














ゴーギャン05L  ポール・ゴーガン  「 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこに行くのか 」

   1897年  ボストン美術館 


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

28

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ドガとピサロに認められ印象派展出展へ
■ゴーガン30







来場者からの評価は分かれたようだが、確かな手ごたえも感じたようだ。

現にこの2年後、証券マンを退職。画家としてだけの道を歩み始めた。

う~ん、薄青紫の影を漂わせ、女性を美化せず描いた実に印象派っぽく仕上げた渾身のデビュー作だ。















■ ポール・ゴーガン   「 縫い物をするシュザンヌ 」

   1880年   ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館


Pochit Please
Thanks!


























テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

25

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

こちらは本当に現場に行って住み着いた画家。
■ゴーガン29







現地でしかわからない「安らかな時の流れ」や「奥深い情景」。

空、山、木々、大地、そして孔雀たち。その一部に人がいる。画家はその外から眺めている。

文明社会を、そして自らをも「愚」とするかのように、その営みの健やかさを野獣の彩りで描き出している。















■ ポール・ゴーガン   「 マタモエ、孔雀のいる風景 」

   1892年   プーシキン美術館


Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

28

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

思い切ってやがて舞い降りてくる死を描いてみた。
■go-gyann28








この頃著しく健康を害しており、全身が衰弱していっていた。

「あと自分に残された時間はどれくらいだろう、、、。」

白い布。・・・清めた自分を、見守ってほしい、そんな真っ直ぐな心持ちが読み取れる。


















■ ポール・ゴーガン   「 異国の鳥のある静物 」

   1902年   プーシキン美術館


Pochit Please
Thanks!

















エゴン・シーレ ブログ



テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

21

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2種の反対色
■ゴーギャン27








古より明度、彩度を変えつつ重んじられてきた「赤と緑」の協奏。

フェルメールやゴッホが一層昇華させた「黄色と青」による競奏。

どちらの対比にも惹きつけられるが、「緑と赤」は原始の情気が底はかとなく漂う。


















■ ポール・ゴーガン   「 牛のいる海景(深い淵の上) 」

   1888年   オルセー美術館


Pochit Please
Thanks!

















エゴン・シーレ ブログ



テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

02

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

カリブ海に浮かぶ小さな島~マルティニーク~あの航海王コロンブスをして、「世界で最も美しい場所」と言わしめた地。
■ゴーガン26






当時のフランスでプロ画家として生きていくには必要な遠征だったのだろう。

色彩、構図、遠近、明暗すべて絡み合って清々しさを生んでいる。だが、そこに「動」がしっかり腰を据えている。

赤い女性の体の傾け具合。平行に呼応した手前の木は、彼女たちの会話に聞き耳を立てているようだ。













ゴーガン26L  ポール・ゴーガン   「 海辺Ⅱ 」

  1887年     
 

Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

09

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ゴーガンが描いたゴッホの絵。この頃は良かったが・・・。
■ゴーガン25



この頃は尊敬しあっていた。互いの芸術性を。

いや、ずっとそうだったようにも思える。特にゴッホは。

あの1点は、ゴーガンのしびれるほどの存在性を「無」に同居させて吹き込んでいる。









ゴーガン25L  ポール・ゴーガン   「 ひまわりを描くゴッホ 」

  1888年  ファン・ゴッホ美術館 
 

Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

10

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

著名な研究者は、「ゴーギャン」でなく正確には「ゴーガン」だと言っていた。素直に従おう!「ピッツァ」、ではなく「ピザ」、という感じ??
■ゴーガン24






ポール・ゴーガン、この超とっぽい芸術家。・・・タシチからパリに戻った頃の作だ。

ナルシスト? 自己中? いやいやそんな簡単なものではない。心根威切っている。

とにかく、画家の気の閃光が、この表情に集約、投影されている。














■ ポール・ゴーガン   「 帽子をかぶった自画像 」

  1893年    オルセー美術館 
 

Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

26

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

やがてこの絵はあの絵になる③!!? 
■ゴーギャン 20






知的で優雅なこの男、名前はシャルル・ラヴァル。ゴーガンの盟友でもあった。

この画家の作品にゴーガンたちが、どれほど影響されたかは以後の作品を見れば明白だ。

中央の装飾を伴う動的色彩表現、そして大胆過ぎるほどの影と輪郭線の泰然さ。・・・う~ん、目映い。














■ ポール・ゴーガン   「 ラヴァルの横顔のある静物 」

   1886年   インディアナポリス美術館  


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

09

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

超マンガチックな神様、カワイイ!!!



■ゴーギャン22







あの作品誕生へ向けた「途中経過作」、とでも言おうか、一貫するものを感じる。

ピンクの岸辺の3人はこの儀式の主人公か。「栄枯盛衰」、あるいは「生」と「死」を思わせる。

水面の色彩の幻想感は、この特別なシーンをより一層高潮させている。
















■ ポール・ゴーガン   「 マハナ・ノ・アトゥア (神の日) 」

  1894年   シカゴ美術館
 

Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

14

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ここまで遡るか、Gauguin!
■ゴーギャン21






エジプト文明の壁画を思い出す。それは、妥協を許さない四捨五入描法。

その潔さは、画家の想像力の下、彩り羽織った自我を手繰り寄せる。

そして、大らかな南風に育まれる。














■ ポール・ゴーガン   「 市場 」

  1892年   
 

Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

12

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

もちろん暑そうだが・・・。
■ゴーギャン30






右の女性の肌つやがいいのは何か訳があるだろう。目つきからして、何かを警・戒監視しているようだ。

それは何か?この地に生きる宿命なのかもしれない。

男、女。富と貧。朝と夜・・。そんな中での当然の嫉妬心か?恋心は今でも最大のテーマなんだから。














■ ポール・ゴーガン   「 タヒチの女 」

   1892年   ニューヨーク近代美術館


Pochit Please
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

15

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ゴーガンの本心!
■ゴーギャン 19







ゴーガン曰く、「芸術とは全て抽象である」

・・・うまいこと言う。

全て画家のフィルターを通してグルグルジャンジャンこね上げ、すり合せたフィクションなのである。














■ ポール・ゴーガン   「 マルティニーク島の牧草地 」

  1887年   
 

Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

08

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

第一回目タヒチ到着直後の作かと思われる無垢さ!
■ゴーギャン18






原色たちが発する力、ぶつかり合う響き、そこにこそ絵画の魅力が凝縮されている、って言わんばかりだ。

人工物を遠ざけるためパリを出、自然を敬愛しやってきたタヒチ。

邪気なく描けたほんの数ヶ月の作品は、穏やかで慎ましやかな熱狂がある。














■ ポール・ゴーガン   「 タヒチの山々 」

   1891年   


Pochit Please
Thanks!

















エゴン・シーレ ブログ



テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

23

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Welcome!M! From N.Y.#7
■ゴーギャン17







実は三人の髪の毛にほんのり青い灯りが灯されているのだ。

その曲線は、川の流れにも呼応するかのように彼女たちの持つ唯一と言っていいい女性らしさを鼓舞する。

赤い敷物はそれに喝采を送る役目を実直に引き受け、一手に色彩構成の支点となっている。












■ ポール・ゴーガン   「 水浴するタヒチの女たち 」

   1892年   メトロポリタン美術館 


Pochit Please
Thanks!

















エゴン・シーレ ブログ

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

10

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

決してうまいとは言えないが・・・配置の妙!!テーブルの上にワンコ??
■ゴーギャン16






果実の色は絶妙だが、犬は可愛くないし、なんか稚拙にも映る。

ただし、そのせい(ある種記号的な存在)で全体の均一性が整い、リズミカルにも見える。

特に際立った楽器がなくても、「全体で聞くと調和され、かつダイナミックな音楽」、そんなのもある。














■ ポール・ゴーガン   「3匹の犬のいる静物」

   1888年   ニューヨーク近代美術館


Pochit Please
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

13

Category:   ゴーガン

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

THE BILLIARDS!!  さん。
■ゴーギャン15






一緒に暮らしたアルルでゴッホも描いたこのCafe。う~ん、ワイルドだ。

喧騒の中の「視覚のオアシス」のようでもある草原色のビリヤード台。

球と球がぶつかり合う、乾いた、重い、でも高い音。あの音が響くとこの女も退屈ではなくなるだろう。














■ポール・ゴーガン   「 カフェ 」

   1888年     
 

Pochit Please
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

17

Category:   ゴーガン

Tags: エゴン・シーレ  ブログ    

Comment: 0  Trackback: 0

証券会社をやめて本格活動し始めた1年後の絵、ヤバイ!うますぎないか!
■ゴーギャン14






モネたち印象派が作り上げた新しい流れに、うまくあいのりできたようだ。

おかげで制作環境的には、写実を要求されず、題材を限定されず、色彩を制限されなかった。

しかし実に「青い屋根」って空や土によく映えるもんだ。また、地味な人間はその引き立て役にもさせられる。














■ ポール・ゴーガン   「 ルーアンの青い屋根 」

  1884年   
 

Pochit Please
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術