1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
  04 ,2017

~ For you just before visiting a museum ~                                  


プロフィール

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀半ば以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


スポンサードリンク
MoMAstore
カテゴリ
スポンサー
MoMAstore
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ランキング
27

Category:   浜口 陽三

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

う~ん、食べごろ?!


■浜口陽三02






世界をうならせたカラーメゾチントの幽玄。

カタチや色の美しさをシンプルにストレートに表現できる。

このスイカは4種類の色と繊細な濃淡でとってもおいしそうに仕上がっている。














■ 浜口陽三  「 西瓜 」

   1981年   東京国立近代美術館


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

20

Category:   浜口 陽三

Tags: ブログ  エゴン・シーレ    

Comment: 0  Trackback: 0

暗いのに透明感がある世界!
■浜口陽三06






同じ版で色を変えての作品。

こちらも静かだ。そして暗い。温度についてはどちらからも何の示唆もないが、とにかく涼しそうだ。

左右対称をやや崩し、レモンがやや宙に浮いているかのよう。ダリが興味を示しそうな夢幻の様相が在る。














■ 浜口 陽三   「 暗闇のボトルと黄色いレモン 」

  1989年 


Pochit Please
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

22

Category:   浜口 陽三

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

どこか地層のような・・。版画の技法の一つ、カラーメゾチントで・・。
■浜口陽三05






画家、いや画師、術師、業師・・・・。

ストイックでスタイリッシュな表現には絶え間ない精神の琢磨が見え隠れする。

この領域で勝負することのリスクは、今や世界のHAMAGUCHIとして絶大なリターンとなって光浴している。














■ 浜口陽三  「 春の野 」

  1985年 


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

19

Category:   浜口 陽三

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

1個足りないぞ!
■浜口陽三04






左のさくらんぼを最高においしく見せるための引き立て役20個・・・

えっ、いや! いや! いや!・・・右一列が19個しかない!!!

どれかに重なっているのか? 画家が数え間違ったか? それとも観る者に何かを問うているのだろうか?














■ 浜口陽三  「 22のさくらんぼ 」

  1990年 


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

11

Category:   浜口 陽三

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ひっそり息を潜める家々


■浜口陽三03






パリという街の激しい鼓動の中、ひとときの羽休めの時間。

ほのかなメロディさえ伝えてくる調和した小気味いい色景。

明るくなると喧騒と隆盛の中にやや埋もれることになる。
















■ 浜口陽三  「 パリの屋根 」

   1956年 



Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

28

Category:   浜口 陽三

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

果汁は最後ボトルに収まる
   
   
■浜口陽三01






静かな場所、静かな時、静かな自分。

水平の中心はどこ? ボトルの左? 半レモンの右? 丸レモンの真ん中?

いや違う。中心は観る自分のようだ。














■ 浜口 陽三   「 ボトルとレモンたち、そして赤い壁 」

  1989年 


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術