FC2ブログ
31
  10 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

02

Category:   グリス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

まあまあ飲み込みやすいキュビスム画家ファン・グリスの作品、ブラインドとテーブルと、、、
■グリス02







当時ピカソの仕込んだキュビスムは、円やかな熟成にはすぐには達しなかった。

しかし、早々にこの渋柿をかじったグリスは一瞬で病みつきになった。

そして、画商カーンワイラーの痛快で明晰な食レポによって、じんわりとに世界に広がっていった。
















■ ファン・グリス  「 ザ・サンブラインド 」   

   1914年   


Pochit Please!
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

27

Category:   グリス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ファン・グリス、ピカソと同じスペイン生まれの画家。またパリでキュビスムの後輩としてもピカソやブラックと共に制作した。



■グリス01







キュビスムって、他のカテゴリーに比べてかなり特異な思考と理論が根底にある方法論だ。

だが、グリスは技法的な極みを観る側にやや近づき緩和し、しっかり伝えようとした。

このブドウは商業広告的な巧妙な角度で捉えられていて清々しい。そして思い切ってCubeじゃなく描いてみた。
















■ ファン・グリス  「 ブドウの房 」   

   1924年   


Pochit Please!
Thanks!




















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術