FC2ブログ
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

~ For you just before visiting a museum ~                                  


Profile

 I  M A

Author: I M A
〜19世紀以降の絵画を1枚1枚語るブログ〜 
美術史を塗り替え続けた日々を "簡単で軽率な3行コメント" とともにご紹介!
貴方の10秒を、いただきます。


Recommend
Artist
Recommend
Recommend
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

27

Category:

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

㈠ワイエスと人間
■ワイエス17








静かな寂れた風景が「日常」。人の存在は「非日常」だ。

何しろ、人に踏まれた草が主人公だったりするから。

人がいると瞬間という名の「時」が記されてしまう。人さえいなければ、「時」は好きに遊ぶことができる。













ワイエス17L  アンドリュー・ワイエス   「 1946年 冬 」
  
   1946年   ノース・カロライナ美術館



Pochit Please
Thanks!














 


テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

28

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Blackboardシリーズ 無造作な気楽さと奔放さがにじみ出ている。 クレヨンだしね。
■トゥオンブリ04






緊張極まりないこの世界において、リラックスし過ぎるくらい伸び伸び。

型破り、ってのはこのことだ。しっかりその時の美術界を見渡し、渾身の斬新さを披露した。

同シリーズで87億円というオークション落札価格が惜しみない称賛を与えている。


















■ サイ・トゥオンブリ   「 無題 (ニューヨーク)」

   1968年   


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。    ジャンル : 学問・文化・芸術

19

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

画家のこの地への「私的な思い」と、この地の「脈々たる歴史」が幾重にも重なっているいるいる!!
■ワイエス16






車輪の優雅な透かし方。翡翠色の車体の落ち着いた高揚感。・・自分の溜息が聞こえる。

最後の順のこの手前のぐしゃぐしゃ草土感。時間と空間の深さがにじみ出ている。

そして、背後に佇む建物の凛々しさは、観る者の視線を手前からゆっくり引き込み、そして揺らがせ戻し、また引き寄せるのだ。















ワイエス16L アンドリュー・ワイエス   「 マーシュホーク 」   

   1944年       


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

17

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ブラック、黒ではない、Braque、鮮やかな、ブラック。
■ブラック13






色を不躾にぶつけているようにも見えるが、いやいやよ~く馴染んでいる。

そして、筆っぷりいいところがたまらない。

レプリカでもいい。広~い空間にポツリと、分厚く黒い額縁に、厳かに称えられながら飾ってあったら、イイなあ。














■ ジョルジュ・ブラック   「 座る女 」  

   1907年   ポンピドゥー・センター

Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

16

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

開放感あふれるたおやかな筆致。
■ブラック16






この作品の制作された年、アンドレ・ブルドンは「シュールレアリスト宣言」を発表した。

芸術は、感覚的なものや意識下の世界を追及することを目指すべき! とのこと。

「逆説、暗喩、破壊、試せるものなら何でもごじゃれ」、の中で彼はゆっくり、静かで肉感的な作風を築き上げていく。














■ ジョルジュ・ブラック   「 ボタン 」

   1926年   ワシントン・ナショナル・ギャラリー


Pochit Please!
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

20

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

モンマルトルにある老舗シャンソニエ(シャンソンを聴かせるライブハウス)、ラパン・アジル。ピカソだけでなく、マティスやドラン、ヴラマンク、モディリアーニ、ユトリロ、そして詩人のアポリネールもよく通ったそうだ。
■ピカソ29






そう、詩人アポリネールは、キュビスムの先導者の一人でもあり、またシュルレアリスムの生みの親でもある。

そして、未来派への試みを始めたデ・キリコを大絶賛するなど、美術界を大いに盛り上げ、掻き回し続けた。

この作品、ヘーレクイン(道化師)の平面的菱形柄の服と顔の陰影が余りに際立ち、観る者の目を行き来させる。














■ パブロ・ピカソ   「 ラパン・アジルにて 」

   1904年   メトロポリタン美術館


Pochit Please!
Thanks!

















 

テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

18

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ロスコの絵には、メッセージはない。あっても、伝わらない。・・・画家は知っている。全ては、観る者の感情に委ねるだけだ。
Rothko04





そこにいると自分の「気」が、何となくそこの絵に、ゆ~っくりと波長を合わせようとするのを感じる。

初め、圧倒されながらも、徐々に立ち上がる自らの「気」。

無意識の場所で感情が揺り動かされ、そのまま時間を盾に、負けないようにじんわりと「気」を解き放つことができる。










Rothko02





ロスコは、「悲劇」、「陶酔」、「破壊」などといった、人間の根源的なもの表現したかったらしい。

この3つの言葉を胸に作品を観るのも楽しい。

「最悪」、「最高」、「終焉」という極限シグナルとして観てみる。










Rothko06





あるとき、美術評論家みたいな人に「きれいな色ですね」、って言われて、怒り出したという。

怒らなくってもいいのに。直情的な色感のバランスをほめているのかもしれないのに。

いや、バランスというより、強調だろう。とことんいく「色の覚悟」みたいな。その先に、「死」も何もかもありそう。











Rothko01




















これら一連の「人間的なシンメトリー」は、神聖であり、かつ泥の臭いもする心から憧れる世界でもある。









Rothko05
















Pochit Please!
Thanks!



















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

17

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

遡るが、やはり絶妙な2色対峙は早々と・・・。
■ロスコ11






隣り合う色同士を大事にしていることが、確実に窺い知れる作品だ。

「色彩」が主人公。情景はあくまで題材だ。しかも、いいように構成したものだ。

また、矩形状が導く「厳粛さ」とおっさんの額がちょうど左右の中央にきていることは決して偶然ではない。














■ マーク・ロスコ    「 Entrance to Subway 」

  1938年    


Pochit Please
Thanks!
















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

16

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

1944年の作。ムンク、カンディンスキーがこの世を去った年だ。
■ロスコ10






ロスコ41歳。極貧真っ只中だった。「Slow swirl・・・」もこの年の作。そして、マックス・エルンストに出会ったのもこの年。

「 ロスコ・スタイル 」への開花の5年前だ。画家にとって、大転換期でもあり、最も描くのがきつかった時期でもある。

実に翌年、グッゲンハイムの画廊で個展を開催、にわかに美術史の最末端を沸き立たせていく。














■ マーク・ロスコ    「 Agitation of the archaic 」

  1944年   ホイットニー美術館 


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

15

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

TO KE TE KI TA !
■ロスコ09






彼がやったことは、端的に言うと、「色を浮遊させ、その色それぞれに極限の可能性を与えたこと」。

その色たちは、実は、計算し尽くされた打ち上げロケットだった。検算は我々が引き受けてはいるが。

この世の不要なものがどれほどあるかを教えてくれる、とっても原始的で、超アカデミックな平面だ。














■ マーク・ロスコ    「 Multiform 」

  1948年 


Pochit Please
Thanks!
















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

13

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

<注>画家は、ロスコ。ダリではない。
■ロスコ08






ロスコの若描きだ。この作品制作の数年後、誰もが知るあのスタイルへ行き着く。

ダリではないが、事実ダリにはかなり憧れていたようだ。

そして、自身は、「抽象表現主義者」ではなく、「”シュールレアリスト”だ」と晩年まで言っていたそうだ。














■ マーク・ロスコ    「 Slow swirl at edge of sea 」

  1944年   ニューヨーク近代美術館 


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

11

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

フライパンの青の加減がニクい!
■ビュフェ15






描き方は、超ハードボイルド。強すぎるほどの鋭利な輪郭線。

もし、グラスに何か入っていたら、台無しだろう。もし、ボトルに色が入っていたら、これまた台無しだろう。

とにかく黄身とグラスのベースが、近い楕円形で、しかも位置がグッサリしていて、すこぶる快活に見せている。














■ ベルナール・ビュッフェ  「 フライドエッグのある静物 」 
  
   1960年  
   


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

03

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

1920年代のアメリカ、それは第一次世界大戦特需の勢いから「狂乱の20年代」と呼ばれる大発展を遂げていた時代だ。”この世の最高”を求め続けたアメリカ。その象徴たる地、ニューヨーク。超カッコよくもあり、でも超カッコ悪くもあった。
■ホッパー16






グレートギャツビー、アルカポーネ、ウォール街、ハーレム、ベーブルース。一挙にまとめて文化や経済の隆盛を極めた街。

そんな中のレストラン。ここにいる全員の重心をずらした傾きある姿勢に"New York City"の躍動の枝葉を表した。

3本の柱と高らかな色彩たちが、それを実にうまく後押ししている。














■ エドワード・ホッパー   「 ニューヨークのレストラン 」
 
   1922年    
 

Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

21

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

はて?これは?ヒントは1900年代初頭のパリのダンスホール。
■ドンゲン05






ガス灯から電灯への移り変わりは、一部の画家たちにとっては、基本の考えを根底からやり直す必要さえあった。

「昼と夜を分かつものを失わせる」「自然の明るさではない」など当時の多くのアーティストたちは、電灯を拒絶した。

でも、それを即積極的に取り入れたのが、ドガやロートレック、ピカソやマティス・・パリの光と活気を描きこんだ。














■ キース・ファン・ドンゲン   「 シャンデリア,ムーラン・ド・ラ・ギャレット 」

  1905-06年   モナコ国立新美術館 

Pochit Please
Thanks!
















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

15

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オランダからやっってきた画家、ドンゲン。フランス人となり、パリを一層輝かせた。
■ドンゲン04






マティス、ドラン、ヴラマンクらと共に写実色を廃した「原色主義=フォーヴィスム」を作り上げた。

そして、シャガール、モディリアニ、フジタらと「自由で優雅な絵画世界=エコール・ド・パリ」を築いた。

思い切りの良さと理知的なセンスが、画面全体を華々しくかつ鮮やかに見せる。














■ キース・ファン・ドンゲン   「 春 」

  1908年   エルミタージュ美術館 

Pochit Please
Thanks!
















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

12

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ミロちゃん!80歳の時の作品!
■ミロ08






パリで、12歳年上のピカソに出会っている。同じスペイン人としてピカソにはミロはどう映っただろう。

シュールさもあり、野獣的でもあり、リズミカルな具象味を帯びたこの作風は多くの美術評論家たちを悩ませた。

新たなジャンルか、いや一時のにぎやかしか・・・。90年の生涯をもって彼はその真性を示すこととなった。














■ ジョアン・ミロ   「 涙の微笑 」

   1973年   


Pochit Please
Thanks!



















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

30

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

不安しか見えない・・・第一次世界大戦にぶつけた作品。
■マン・レイ03






マン・レイの作品では珍しい遊びのない仕上げだ。なぜなら遊びではないからだ。

とことん純粋なメッセージを発している。「限界を知れ!」って。

枝の先の「赤」が、「不吉な予感」を訴える色濃いシグナルのようだ。ど真ん中に。














■ マン・レイ   「 丘 」

   1914年    


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

20

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

この年、ブラックとピカソは共同作業を始めた。当時B:27歳、P:36歳。
■ブラック15






正にこの時期の作品は、どちらが描いたのかはサインを見ないとわからないほど似ている。

実に、ブラックもピカソもセザンヌに強く影響を受けていた。この作品でもそれは反映されている。

彼らは美術史を俯瞰し、当時直面していた「絵画終結的雰囲気」をよく感じ取り、新たなスタイルで大勝負に出たのだ。














■ ジョルジュ・ブラック    「 港 」
  
        1909年 


Pochit Please!
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

14

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ビュッフェの到達点の一部と伺える作品。アゲイン。
ビュッフェ14L






成功というサニーサイド、その裏側の焦燥の木漏れ日の中、立ち止まることができなかった画家、ビュッフェ。

自分のスタイルはあるが、消化しきれないままに作品に手をつけてしまう。自分が自分を追い越してしまう。

だが、それにしても、いい作品はすごくいい、ほんと。これなんか極めた感ほとばしる。














■ ベルナール・ビュッフェ  「 モーランのガレージ 」 
  
   1953年  
   


Pochit Please
Thanks!

















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術

18

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「キュビスムのブラック」ではなく、「ジョルジュ・ブラック」だ!
■ブラック14






ブラックがカラフル!。完全に独走だ。スタイル、モチーフ、カラーリング。

こうして、ブラックはブラックという名前を美術史に刻み込んだのだろう。

でも、できることなら画家に窓の空の処理については聞いてみたい気はするが。














■ ジョルジュ・ブラック   「 高椅子のあるアトリエ 」

   1939年   


Pochit Please!
Thanks!


















テーマ : 絵画    ジャンル : 学問・文化・芸術